花背交流の森

個人的に、花背交流の森へ行ってきました。

花背交流の森へは、出町柳から京都バスに乗車し、約2時間でアクセスできます。

植生は、モミやスギが主ですが、所々にミズナラやコナラなどの広葉樹が見られました(1)。

モミ林(1)

モミ林(1)

気持ち良く散策路を歩いていると、大きなカノシタを発見(2)。

カノシタ(2)

カノシタ(2)

傘の裏が針状で、鹿の舌に似ていることが名前の由来です。

細かく刻んで、たっぷりバターを染み込ませた後、オムレツにして頂きました。

美味しいきのこです。

ベンチがあったので少し休んでいると、ミズナラの倒木からナメコが沢山生えているのを見つけました(3)。

ナメコ(3)

ナメコ(3)

また、ミズナラの立ち枯れからもナメコが(4)。

ナメコ(4)

ナメコ(4)

さらには、苔から生えているナメコまで(5)。

ナメコ(5)

ナメコ(5)

これらのナメコは鍋にして頂きました。

ブナのナメコにはやや劣りますが、やっぱり天然物は美味しいです。

他にはチャナメツムタケなどが見られました(6)。

チャナメツムタケ(5)

チャナメツムタケ(6)

花背は、やはり気温が低く、すでに紅葉していました(7)。

紅葉(7)

紅葉(7)

とても綺麗でした。

散策を終え、花背を歩いていると、春日社のオオイチョウが見えてきました(8)。

立派な木でした。もうしばらくすると、銀杏で臭くなるんだろうなあ。

オオイチョウ

オオイチョウ(8)

最後は、バスを待つ間、Kさんのお家(地蔵院)にお邪魔しました(9)。

地蔵院(9)

地蔵院(9)

もう花背はナメコの季節なんですね。晩秋です。

ふくだ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中