石川合宿 11/7~10

京都大学で行われたシンポジウム、「きのこをめぐる冒険」のサテライト企画として開催されたきのこ合宿に参加しに石川へ行ってきました。

きのこじきからは4人(うち2人は3日目から)が参加。

私たち以外には、金沢大学、横浜国立大学の学生と教員、さらにヘルシンキ大の方も参加していました。

1日目は移動日で、2日目に白山できのこ観察を行いました。

ちょうど紅葉が美しい時期です。(1)

白山麓の紅葉(1)

白山麓の紅葉(1)

ブナ林の中の山道を歩くとナメコ(2)、ムキタケ(3)などが観察できました。

ナメコ(2)

ナメコ(2)

ムキタケ

ムキタケ(3)

夜は先生方の講演を聞きました。

3日目は宿舎近くのクヌギ、コナラ、アカマツ林できのこ観察を行いました。

ここでは比較的多くのきのこが見られ、少し歩いただけでカノシタ(4)、ヤマブシタケ(5)、アミタケ、チョウジチチタケなどが観察できました。

カノシタ(4)

カノシタ(4)

ヤマブシタケ(5)

ヤマブシタケ(5)

また、ツバフウセンタケをはじめとしたフウセンタケの仲間も多く見られました。

この日の午後は学生の発表があり、きのこじきも普段の活動を紹介しました。

4日目は石川きのこ会の観察会に参加する予定でしたが、雨だったため昼からの同定会ときのこ鍋の会のみ参加することに。

一部のきのこは方言のまま同定されていて、興味深かったです。

きのこ鍋とさまざまなきのこ料理をいただいて、解散となりました。

(文・写真/m.h.)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中