ハルシメジ観察会

4月26日 府内某所。ハルシメジがあるらしいということで、少人数で観察会を行いました。
出町柳駅から京阪で40分強、目的地の梅林に到着。一週間ほど雨が無く、観察できるかどうか心配でしたが、無事見つけることが出来ました。

その後も数箇所で発生を確認、成熟固体ではヒダが肉色となっており(2

)、胞子の顕微鏡観察を行いました。

ハルシメジ(2)

ハルシメジ(2)

ハルシメジ(3)

ハルシメジ胞子

また、ハルシメジに混じってウスフジフウセンタケに似たCortinariusが見つかったのですが、周囲に共生できる樹種は無い様でした。

Cortinarius sp.府内某所

Cortinarius sp.

Cortinarius sp.(2)

Cortinarius sp.(2)

どこかに菌根共生可能な木が存在するのでしょうか。

見つかったキノコは乾燥気味でしたが、雨が無く、残骸でも見つかればと考えていたのもあり、予想外の収穫があった観察会となりました。

(文責/m.s.)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中