大文字山

5/24(土)に大文字山で観察会を行いました。

なかなかきのこの少ない季節ですが、ウラベニガサ属のきのこは材から沢山でていました。IMG_0163

今回観察できたきのこの1つ。

ウラベニガサ属のきのこは2種、他にヌナワタケ、ヒメチシオタケ、マツオウジ、カンゾウタケなどのきのこが観察できました。

今回はカメラ係が仕事を忘れてきのこを探してたせいできのこの写真はこれしかありません。

種数も個体数もそれほど多くはなかったですが、新歓観察会ということで、みんなウラベニガサ属の特徴はばっちし確認できたのではないかと。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中