東山

3月27日、東山で観察会を行いました。

 

まず、あるメンバーの目撃情報をもとに、麓でトガリアミガサタケを探しました。

すると、コンクリートの脇から一本だけ生えているのが見つかりました(1)。

2016/03/27 東山 トガリアミガサタケ Morchella conica

トガリアミガサタケ (1)

あたりを見回してみましたが、それ以上は見つかることなく、登山道へと足を向けます。

 

知恩院の鐘楼の横から山道に入り、きのこを探します。

しかし今回もきのこの数は少なく、ウラベニガサ属の一種や乾燥したキクラゲなどが見つかるのみ。

ほどなくして前回のルートと合流し、前回見つけたギンリョウソウが少しだけ成長しているのを確認しました(2)。

2016/03/27 東山 ギンリョウソウ

ギンリョウソウ(2)

さらに歩みを進めると、カラムラサキハツが見つかりました(3)。

2016/03/27 東山 カラムラサキハツ Russula omiensis

カラムラサキハツ(3)

これも少し乾燥気味ですが、メンバーの一人に味見してもらうと、しっかり辛みを感じることができたようです。

さらに上って、今回のメインであるトガリアミガサタケの発生するスポットに到着。しかし、あたりを見回してもトガリアミガサタケは一本も生えていません。あきらめて山頂へ向かいました。

 

山頂の展望台で一休みして、下山ルートに入ります。

下りはじめてすぐに、ウスベニタマタケが見つかりました(4)。

2016/03/27 東山 ウスベニタマタケ Turmalinea sp.

ウスベニタマタケ(4)

地下生菌の一種で、橙色の菌糸束をもちます。

その後しばらく目立ったきのこは見つからず、シイタケの発生するスポットまでたどり着きました。

しかし、小ぶりのシイタケが数本生えている程度。多くは収穫できませんでした(5)。

2016/03/27 東山 シイタケ Lentinula edodes

シイタケ(5)

最後にカシサルノコシカケを観察して下山しました(6)。

2016/03/27 東山 カシサルノコシカケ Phellinus robustus

カシサルノコシカケ(6)

 

今回は目的としていたトガリアミガサタケがほとんど見つかりませんでした。

新歓までに食べる分が確保できることを期待したいですね。

 

(文/m.k. 写真/m.h.)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中