松尾山

12月24日、きのこじきの有志で嵐山に行ってきました。

阪急嵐山駅から歩き、松尾山の登山口へ入ります。入口の横で金網越しにきれいなヒラタケが見つかりました。

登り始めは両側に竹林が広がっています。西山らしい山道のわきにクロラッパタケが生えていました (1)。秋によく見かける印象のきのこですが、このような時期にも出るようです。

2016/12/24 松尾山 クロラッパタケ Craterellus cornucopioides

クロラッパタケ (1)

続いて、カゴタケも (2)。切通しになった斜面から白い子実体を見せていました。なかなか目にする機会のないきのこです。

2016/12/24 松尾山 カゴタケ Ileodictyon gracile

カゴタケ (2)

竹林を抜けるとシイやカシが主体の林になりました。コケの上に、深い緑色が美しいアオズキンタケが生えていました (3)。

2016/12/24 松尾山 アオズキンタケ Leotia chlorocephala

アオズキンタケ (3)

さらに上って尾根に出ると、林はアカマツが主体となりました。やわらかいきのこはほとんど見当たりませんが、環境はよく、夏や秋に来ても面白そうな林です。

途中、松尾山のピークを通り、苔寺の方面へ尾根伝いに降りていきます。

コガネウスバタケ (4, 5) やミイロアミタケ (6) など、硬いきのこを見ながら進みます。

2016/12/24 松尾山 コガネウスバタケ Hydnochaete tabacinoides

コガネウスバタケ (4)

2016/12/24 松尾山 コガネウスバタケ Hydnochaete tabacinoides

コガネウスバタケ裏面 (5)

2016/12/24 松尾山 ミイロアミタケ Daedaleopsis purpurea

ミイロアミタケ (6)

最後に、西芳寺川沿いの車道でヒメツチグリ属の一種が見つかりました (7)。

2016/12/24 松尾山 ヒメツチグリ属の一種 Geastrum sp.

ヒメツチグリ属の一種 (7)

下山後は鈴虫寺で大根炊きをいただきました。

天候にも恵まれ、いいきのこ納めとなったのではないでしょうか。

(m.h.)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中