東山

去る3月26日日曜日に、東山にて今年度最初の観察会を行いました。

今回の観察会では、トガリアミガサタケ等の”春のきのこ”を観察したいです。まずは山の入り口を目指して、寄り道しつつ歩きます。

落ち葉をかき分けて探していると、いきなりツバキキンカクチャワンタケが見つかりました。さらに探すと……いました、オオセミタケです(1)。

01 オオセミタケ

(1)オオセミタケ

これを掘り出してみると……

02 オオセミタケ

(2)オオセミタケ全体

オオセミタケはセミの幼虫に寄生して成長します。

 

続いて山道を歩き始めます。少し歩くと、カラムラサキハツが生えていました(3)。この時期に見られる常連です。

04 カラムラサキハツ

(3)カラムラサキハツ

 

他にすぐ近くの斜面からはコナサナギタケが顔をのぞかせていました。また、近くの倒木からはウラベニガサ属が生えていました(4)。

05 ウラベニガサ属の一種

(4)ウラベニガサ属

 

昼食をいただいて、午後は山を下ります。倒木からシイタケが生えています(5)。なじみ深いきのこです。

08 シイタケ(谷筋)

(5)シイタケ

 

この後山を下りて、出口に到着します。近くの椿の木の下を探すと……いました、再びツバキキンカクチャワンタケです。このきのこは、昨年落ちた椿の花を分解して栄養を取りこみ成長します(6)(7)。

10 ツバキキンカクチャワンタケ

(6)ツバキキンカクチャワンタケ

09 ツバキキンカクチャワンタケ

(7)ツバキキンカクチャワンタケと椿の花

(7)の写真で、ツバキキンカクチャワンタケの直上にある黒い物体が昨年度の椿の花の花びらです。

 

ここでいったん、山の入り口付近に戻ります。あたりをくまなく探します。するとやはりいました、アミガサタケ属です(8)。「black morel」なる呼称があるそうです。

11 トガリアミガサタケ?(円山公園付近)

(8)アミガサタケ属

トガリアミガサタケの様です。詳しくは筆者にはわからないので、「アミガサタケ属2」としておきました(9)。

12 トガリアミガサタケ(京大構内)

(9)アミガサタケ属2

 

今回の観察会では、春のきのこを堪能しました。次回の観察会ではどんなきのこと出会えるのか楽しみです。

 

(文/杉山 写真/m.k.)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中