芦生研究林での活動につきまして

本日は京都大学菌類同好会きのこじき (以下「当団体」という) のホームページをご来訪いただき、誠にありがとうございます。現在、こちらのホームページの更新は停止させていただいております。

当団体は、この10数年余にわたり、京都府南丹市に位置する京都大学フィールド科学教育研究センター森林ステーション芦生研究林 (以下「芦生研究林」という) にて菌類観察会を行わせていただいておりました。しかし、先日「きのこじき (当団体) が主催した芦生研究林における観察会の多くは正当な入林手続きを経ずに行われており、不正入林にあたる」というご指摘をいただき、またそのご指摘が事実であることを確認いたしました。芦生研究林への不正入林は明らかな法令違反です。この事態の重大性を考慮し、当団体は6ヵ月間 (2018年3月末日迄) すべての活動を自粛させていただくことを決定いたしました。この件およびその後の対応につきまして、芦生研究林を管理する京都大学フィールド科学教育研究センターおよびその関係者の皆様をはじめ、多くの方に大変なご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。活動再開に際しては、このような問題を二度と起こさないよう、当団体全体で再発防止に取り組んで参ります。

2017年9月22日 (金)
京都大学菌類同好会 きのこじき

 

現こじき長より

今回問題となりました当団体の芦生研究林への不正入林問題につきまして、不適切な行為であり芦生研究林の林長様をはじめとする先生方や、管理に携わる技官の皆様に多大なるご迷惑をおかけしました。これは上記の通りです。さらに、当団体の不正入林についてご指摘いただいた後に私の行った不十分・不適切な応対により、不快な思いをされたことと存じ上げます。それにもかかわらず、今回のような寛大な処置を施してくださったこと、誠に感謝申し上げます。私の任期は今年度限りにはなりますが、来年度の活動再開後に今回と同じような問題が起こらないよう、十分な対策をとらせていただく所存です。

来年度以降も、当団体の活動を温かく見守っていただければ幸いです。

こじき長 杉山

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください