アカダマキヌガサタケ Phallus rubrovolvatus

アカダマキヌガサタケ Phallus rubrovolvatus

梅雨、または秋、竹林や笹藪に発生。
キヌガサタケに似るが、基部の袋が赤みを帯びる、レースが短い、グレバの臭いが果実様などの特徴から見分けることができる。

京都大学の構内には本種が発生する竹林がある。時期になると毎朝のように発生を確認する人がおり、きのこじきの梅雨時の風物詩となっている。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中