アケボノドクツルタケ Amanita subjunquillea var. alba

アケボノドクツルタケ Amanita subjunquillea var. alba

低地のマツ・ブナ科の樹下に発生する白いテングタケの仲間。近年までドクツルタケ A. virosa と混同されてきたが、柄のささくれが顕著でない点、傘の中央がしばしばクリーム色~黄土色を帯びる点などで区別される。KOHに対してはドクツルタケと同様に黄色く変色する。また、胞子は類球形でこれもドクツルタケと同様。
学名の通り、タマゴタケモドキの白色変種と考えられている。
よく似たニオイドクツルタケ A. oberwinklerana も低地に発生するが、こちらは塩素のような強い臭いを持つ、胞子が楕円形、KOHで黄変しない、などの点で区別できる。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る