アシベニイグチ Boletus calopus

アシベニイグチ Boletus calopus

亜高山帯の針葉樹林に発生。名前の通り赤みを帯びた柄と、オリーブ色を帯びたビロード状の傘、黄色で青変性を持つ管孔が特徴のきのこ。
肉の菌糸がアミロイドでメルツァー試薬によって濃い青色に変色する。
類似種としてモウセンアシベニイグチB. panniformisがあるが、傘表皮がフェルト状で鱗片を持つ、肉が非アミロイド、などの点で区別される。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中