アンズタケ(広義) Cantharellus cibarius s.l.

アンズタケ (広義)  Cantharellus cibarius s.l.

夏から秋、各種林内に発生する黄色いきのこ。傘の裏側はしわひだ状で連絡脈をもつ。アンズのような甘い香りがすることが名前の由来。欧州産のものは強い香りを持つというが、日本で見られるものは香りが弱いものが多く、ほとんど感じられない場合もある。
欧州では食用として人気が高い。しかし、重金属を蓄積することや微量の毒成分を含むことが明らかとなっている。
未記載の類似種が相当数存在する。学名の再検討も含め、研究が必要とされるグループ。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中