ウラベニガサ属の一種01 Pluteus sp.

ウラベニガサ属の一種 Pluteus sp.

2013年10月13日、京都市瓜生山のコナラ倒木より発生。

傘は径2.5~3.0cmで褐色の微細な鱗片におおわれる。中央部は平坦で、放射状にしわを生じる。
柄は中空で全面を褐色の微細な鱗片におおわれる。

傘表皮は褐色の色素をもった円筒形~棍棒形の細胞からなる。
縁シスチジアは無色でとっくり形、棍棒形、紡錘形、フラスコ形など形態は多様。
側シスチジアは円筒形~棍棒形で一部は頂部に突起を持つ。
柄シスチジアは棍棒形で全面に存在する。

傘表皮が縦長の細胞からなる特徴から、フサスジウラベニガサ(Pluteus plautus)の近縁種ではないかと思われる。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中