エノキタケ Flammulina velutipes

エノキタケ Flammulina velutipes

晩秋から春にかけて発生。傘に粘性があり、柄はビロード状であることが特徴。
栽培品とは形も色合いも異なる。味、香りも野生のものの方がはるかに濃厚。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中