オオカシワギタケ Cortinarius saginus

オオカシワギタケ Cortinarius saginus

亜高山帯針葉樹林に発生するフウセンタケの仲間。顕著なクモの巣膜 (cortina) を持つ。富士山周辺では「ツガタケ」などと呼ばれ、食用として人気が高い。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中