オオシロアリタケ属の一種 Termitomyces sp.

オオシロアリタケ属の一種 Termitomyces sp.

西表島の民宿の裏庭に発生。柄は深く地中に入り、タイワンシロアリの巣から発生していると思われる。
南西諸島では数種のオオシロアリタケ属のきのこが知られている。このきのこはシロアリシメジ T. intermedius と特徴がよく一致するが、胞子の大きさが一回り大きく検討が必要と思われる。また、厚膜の側シスチジアをもたない点でトガリアリヅカタケ T. clypeatus と異なる。オオシロアリタケ T. eurhizus に関しては学名と和名の間に混乱があり、日本産のものについては正体がよくわかっていないという。

味は温和。きのこ臭に加えほのかな甘い香りがあった。

 

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中