オオモミタケ Catathelasma imperiale

オオモミタケ Catathelasma imperiale

トドマツやモミ類などの針葉樹林に発生する。傘の径が30cmに達することもある大型のきのこで、発生量は少ないといわれる。
旨味には欠けるが歯ごたえが素晴らしい。粉っぽいにおいがあるが加熱すると気にならない。てんぷらによい。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中