オニイグチモドキ Strobilomyces confusus

オニイグチモドキ Strobilomyces confusus

傘が黒色の角状~とげ状鱗片におおわれたイグチの仲間。夏から秋にかけてブナ科の樹下に発生する。管孔ははじめ白色でのち黒色。肉は傷つくと赤変したうえで黒変する。胞子表面の隆起が完全な網目をつくらない点も重要な特徴。
全体が黒色っぽく食欲をそそられないが、若いうちは食用になる。しかし、非常に早い段階から虫が入りやすく、食用に適したものを集めることは容易ではない。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中