チャオニイグチ Strobilomyces brunneolepidotus

チャオニイグチ Strobilomyces brunneolepidotus

石垣島・於茂登岳のシイ・カシ林で発生。
全体が褐色なオニイグチ属のきのこ。傘は突起状の鱗片におおわれる。肉は切断すると白色からすみやかに赤色に変色し、のち黒色に変ずる。

2016年に新種として発表された。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中