カノシタ Hydnum repandum

カノシタ Hydnum repandum

傘の裏面が針状になっており、鹿の舌を連想させることから和名が付けられた。
フランス料理の食材として用いられ、味、香りともによく、特にバターとの相性がいい。掃除が面倒なことが難点。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中