カラカサタケ Macrolepiota procera

カラカサタケ Macrolepiota procera

林内の地上や草地に発生する大型のきのこ。傘は幼菌の間褐色の鱗片に覆われ、開くと淡褐色の地肌が露出する。肉質はやわらかいが弾力性に富む。ひだは白色。柄が長く、高さが30cmを超えることも多い。可動的なリング状のつばを持ち、基部は膨らむ。
傘のフライはふわふわとやわらかくジューシーで美味しい。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

広告