カンゾウタケ Fistulina hepatica

カンゾウタケ Fistulina hepatica

京都では5~6月または秋ごろ、シイの根元近くから発生する。新鮮な個体は鮮やかな赤色をしており、舌を思わせる外見をしている。食用とされるが肉に酸味があり、美味しくいただくには多少の工夫が必要かもしれない。商業的な栽培も試みられている。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中