キツネノヤリタケ Scleromitrula shiraiana

キツネノヤリタケ Scleromitrula shiraiana

春、前年に落ちて菌核化したクワの実から発生する。しばしば同時に発生するキツネノワンCiboria shiraianaと同様にクワの実菌核病の病原菌として知られ、これに感染した果実は白く萎縮し、椹縮小菌核病と呼ばれる。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中