クロタマゴテングタケ Amanita fuliginea

クロタマゴテングタケ Amanita fuliginea

夏から秋、シイ・カシの樹下に発生する。黒く時にかすり模様の入る傘と黒い小鱗片におおわれた柄が大きな特徴。白いつばと袋状のつぼをもつ。中国で本種と思われるきのこによる死者が報告されている。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中