クロチチダマシ Lacarius gerardii

クロチチダマシ Lactarius gerardii

傘と柄の表面がビロード状で黒~茶色っぽいチチタケの仲間。ひだは垂生し疎で縁取りがあることも。乳液は白色で変色性はない。

色合いの似たクロチチタケ L. lignyotusはモミ、トウヒなどの亜高山帯針葉樹林に発生し、肉および乳液は空気に触れると紅変する。
フチドリクロチチタケ L. lignyotus var. marginatusはブナ科、マツ科の林内に発生し、肉および乳液は空気に触れると紫変する。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中