クロハナビラタケ Ionomidotis frondosa

クロハナビラタケ Ionomidotis frondosa

広葉樹、特にシイ、カシの倒木上に発生する子嚢菌。京都では晩秋から春にかけての寒い時期によく見られる。黒い花びらが重なった外見をしており、革の様な質感がある。地味で大きくなることも少ないが、有毒。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

広告