クロラッパタケ Craterellus cornucopioides

クロラッパタケ Craterellus cornucopioides

西洋で「黒いトランペット」や「死のトランペット」と呼ばれ、食用として好まれているきのこ。アンズタケ Cantharellus cibariusに近い仲間だが子実層はひだ状にならず、浅いしわが走る程度。京都では夏から秋に見ることが多いが、かなり寒くなってからでも出会うことがある。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る