コガネニカワタケ Tremella mesenterica

コガネニカワタケ Tremella mesenterica

黄色でゼラチン質の、シロキクラゲの仲間。広葉樹の枯れ木に発生する。
よく似たきのことして同属のキイロニカワタケ(T. iduensis) やアカキクラゲ目のハナビラダクリオキン(Dacrymyces chrysospermus) がある。キイロニカワタケは子実体が角ばる、ハナビラダクリオキンは針葉樹から発生し子実体は脳みそ状、といった点で識別可能とされるが、肉眼では同定が難しい場合も多い。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中