コゲチャイロガワリ Boletus brunneissimus

コゲチャイロガワリ Boletus brunneissimus

夏から秋、ブナ科の樹下に発生する。傘および管孔の口がこげ茶色をしたイグチの仲間。傘はビロード状。肉は黄色だが強い青変性を持つ。また、柄の基部は黄色を帯びた菌糸に覆われる。
類似種のクラヤミイグチは絵の基部に黄色い菌糸がない点、孔口をはじめ全体的に赤みを帯びることがある点などで区別される。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中