コテングタケモドキ Amanita pseudoporphyria

コテングタケモドキ Amanita pseudoporphyria

夏から秋、ブナ科やマツ科のある林内に発生。灰褐色で条線を持たない傘、膜質の大きな白いつば、袋状のつぼが特徴。
京都近辺では様々な森で発生し、乾燥でほかのきのこが少ないときでも出会うことが多いような印象がある。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中