コトヒラシロテングタケ Amanita kotohiraensis

コトヒラシロテングタケ Amanita kotohiraensis

全体がほぼ純白のテングタケの仲間。傘には綿質のつぼの破片をのせ、基部は大きく膨らむ。つばは淡い黄色。塩素のような強烈な不快臭を持つ点が大きな特徴。
名前は香川県の琴平に由来するが、京都近辺でもごく普通に見ることができる。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中