ザラツキウラベニガサ近縁種 Pluteus aff. podospileus

ザラツキウラベニガサ近縁種 Pluteus aff. podospileus

傘の表皮組織が嚢状および細長い紡錘形の2種類の細胞からなる (mix型) ウラベニガサ属の一種。ひだに褐色の顕著な縁取りがあり、柄にも同色の小鱗片を持つ。
ザラツキウラベニガサのひだ縁部についての記載は文献によって異なり、縁取りを持たない、縁取りを持たないが時に縁シスチジアに褐色のものをもつ、時に縁取りを持つ、などとされている。
本菌の特徴はザラツキウラベニガサのそれと多くの点で一致するが、ひだの縁取りが顕著で、縁シスチジアもほとんどが褐色の色素を持つことから、ザラツキウラベニガサに近縁の別種であると思われる。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中