シロキクラゲ Tremella fuciformis

シロキクラゲ Tremella fuciformis

広葉樹の枯れ枝などに発生する。木材腐朽菌のクロコブタケに寄生しているとされる。
キクラゲと似た質感で、従来は近縁として扱われてきたが、現在では「綱」のレベルで別の分類群に属する遠縁な間柄であると考えられている。
中国では銀耳と呼ばれ食用として重宝されている。きのこじきではフルーツと一緒にシロップをかけて食される。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中