シロクロハツ Russula albonigra

シロクロハツ Russula albonigra

白っぽいクロハツの仲間。触れると直ちに黒く変色する特徴をもつ。古くなると黒っぽくなり同定が難しくなるが、傘の縁に白色が残っていることも多い。
種小名も「白黒」の意味。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中