タマゴタケ Amanita caesareoides

タマゴタケ Amanita caesareoides

夏、広葉樹林に発生。毒きのこの多いテングタケ属で数少ない食菌のひとつ。
濃厚な旨味と心地よい歯ざわりを持つ。美しい見た目もあいまってきのこじきでは人気が高い。

傘の色は赤色だけでなく黄色いタイプも存在しする。日本国内で「キタマゴタケ A. javanica」とされていたものは本種もしくはチャタマゴタケ A. similisの黄色型であることが判明している。
かつてはA. hemibaphaという学名があてられていた。また、柄にだんだら模様の無いものをセイヨウタマゴタケ A. caesareaとすることもあったが、現在ではこれらの学名に相当する種は日本には発生しないとされている。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中