チチアワタケ Suillus granulatus

チチアワタケ Suillus granulatus

主に秋、マツ類の樹下に発生。ヌメリイグチS. luteusに似るが、全体に黄色みを帯びる点、柄につばを持たない点、管孔がやや大きい点などで区別できる。
和名は若い時に管孔から乳液を分泌することに由来する。
傘に粘性があり、ヌメリイグチと同様に食用とされることもあるが、人によっては中毒するため要注意。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中