チャタマゴタケ Amanita similis

チャタマゴタケ Amanita similis

夏から秋、主にシイ・カシの樹下に発生する。タマゴタケ A. caesareoidesの1亜種とされていたこともありタマゴタケに似ているが、色彩において異なる。
傘の色が名前の通り茶色~オリーブ褐色のもの、黄色いもの、全体が白色のものなど、さまざまな色彩の変異があり、しばしばキタマゴタケなど他のきのこと混同される。
これに寄生するカブラマツタケ属の未記載種が知られており、ブンゴツボマツタケと呼ばれている。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中