チャナメツムタケ Pholiota lubrica

チャナメツムタケ Pholiota lubrica

秋も深まったころ、腐朽した倒木や埋もれ木の周辺に発生する。傘と柄の下部に鱗片があり、傘は湿時強い粘性を帯びる。同じころに発生するナメコ P. microsporaと共にスギタケ属に所属し、同様に食用となる。風味は天然物のナメコと比べ弱め。

 

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中