チョウジチチタケ Lactarius quietus

チョウジチチタケ Lactarius quietus

夏、広葉樹の樹下に発生するチチタケの仲間。傘の同心円状の環紋が特徴。乳液は白色でクリーム色に変色する。また、香辛料のクローブ(丁子)のようなにおいを持つという大きな特徴がある。新鮮なときはにおいを感じないこともあるが、乾燥すると強くなる。いい個体が手に入った時は嗅ぎ比べてみるとよいだろう。
よく似た仲間にニオイワチチタケ L. subzonariusがあるが、こちらはカレー粉のにおいを持つ。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中