ツチグリ Astraeus hygrometricus

ツチグリ Astraeus hygrometricus

林内の地上に発生する腹菌型のきのこ。幼時は地中にあり球形だが、成熟すると外皮が裂けて星形の姿になる。
胞子の成熟していない幼菌は日本でも地域によって食用とされる。東南アジアでは水煮の缶詰が売られているが、胞子が成熟したものも相当数混じっているようであった。
近年の分子系統解析の結果、イグチ目に属することが明らかになった。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中