ツバササクレシメジ Tricholoma cingulatum

ツバササクレシメジ Tricholoma cingulatum

晩秋、雑木林のヤナギ類の樹下に発生するきのこ。キシメジ属であるが、柄に白い綿毛状のつばをつけることが最大の特徴。傘は灰色を帯び、鱗片におおわれる。粉臭がする。
日本では北海道、青森、富山などから報告されているが、『東北きのこ図鑑』(家の光協会刊)で取り上げられているほかは、図鑑ではほとんど紹介されていない。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中