テングタケ Amanita pantherina

テングタケ Amanita pantherina

夏から秋、主に広葉樹林に発生する。茶色の傘に白色のいぼを有し、つば、リング状のつぼの名残りを持つ。
イボテングタケ A. ibotengutakeと長く混同されてきたが、より小型で、傘のいぼが平面的、つぼの名残りのリングが一重であることなどから区別される。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中