テングノメシガイ Trichoglossum hirsutum

テングノメシガイ Trichoglossum hirsutum

漢字で書くと「天狗飯匙」。その形状をめしがい (しゃもじ) になぞらえて命名された。英語では”Earth tongue”でこちらは「舌」の意味。
高さは2~8cm。頭部と柄に剛毛を持つことで他の属と区別される。子嚢胞子は15の隔壁をもつ。類似種にナナフシテングノメシガイ T. walteriがあるが、こちらの胞子の隔壁数は7。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中