ドウシンタケ Amanita esculenta

ドウシンタケ Amanita esculenta

傘の条線、つば、袋状のつぼを備えたテングタケの仲間。柄に灰色のだんだら模様があり、ひだの縁部が粉状で灰色を帯びる点が特徴。しかし、柄やひだ縁部の色が薄い場合もある。
タマゴタケに近縁で、種小名の「esculenta」が示す通り、食べることができる。実際、このきのこが記載された新潟県の一部では食用とされていたという。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る