ナガエノウラベニイグチ Boletus quercinus

ナガエノウラベニイグチ Boletus quercinus

京都では主に真夏の頃、コナラ林などに発生する。白っぽい傘に赤色の孔口という独特の色合いと、強い青変性を持つ特徴的なきのこ。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中