ニガクリタケ Hypholoma fasciculare

ニガクリタケ Hypholoma fasciculare

樹種や季節を問わず発生するきのこ。死亡例のある猛毒菌でクリタケ H. lateritiumに似るが、傘の黄色みが強い、ひだが緑色をおびるといった点で識別可能。また、名前の通り肉はきわめて苦い。この苦みは加熱すると消えるが、むろん、毒性は消えない。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中