ハツタケ Lactarius hatsudake

ハツタケ Lactarius hatsudake

夏から秋、アカマツやクロマツの林内に発生。傘は赤みを帯びた褐色で環紋がある。ひだはワイン色を帯びる。傷つくと赤い乳液を分泌するが、のち青緑色に変色する。
古くから食用として人気が高いきのこ。食感はベニタケ科の例にもれずぼそぼそとしているが、濃厚なうまみと香りを持ち、非常に美味。きのこじきでは炊き込みご飯や塩焼きが人気。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中