バライロウラベニイロガワリ Boletus rhodocarpus

バライロウラベニイロガワリ Boletus rhodocarpus

2001年に新種発表されたイグチの一種。コメツガやシラビソ、モミなどの針葉樹林に発生する。強い青変性を持つ。
味とにおいは温和だがかなり毒性が強く、ひとかけら飲み込んだだけで胃腸系の激しい中毒症状を発症した事例が報告されている。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中