ヒメアワタケ Xerocomus parvulus

ヒメアワタケ Xerocomus parvulus

夏から秋、ブナ科やマツの樹下に発生。鮮黄色の大きな管孔をもつ。変色性はほぼなく、肉がわずかに青変する程度。

厚壁の側シスチジアとやや厚壁の縁シスチジアをもつため、顕微鏡を用いると容易に同定できる。短い楕円形の胞子を持ち、この点でも近縁の種と区別できる。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中