ヒメスギタケ Phaeomarasmius erinaceellus

ヒメスギタケ Phaeomarasmius erinaceellus

広葉樹の朽木から発生する小型のきのこ。傘と柄が茶色で、細かいとげ状の鱗片に覆われる点が特徴。ひだははじめ白っぽく、成熟すると褐色を帯びる。つばもあるが、消失しやすい。
とげに覆われた小さな傘は、独特の雰囲気でわかりやすい。

和名一覧へ戻る
学名一覧へ戻る

広告